保湿だけで予防できるシワもある。

保湿だけで予防できるシワもある。

額に深く刻み込まれたシワは、時に実年齢以上の印象を他人に与えてしまいます。
男性の場合でしたら、加齢によって出来たシワはある意味、勲章のように受け取られることもあるでしょう。

 

ただ、女性の場合には、なるべくならシワが出来るのを予防したいというのが全女性の共通する心理だと思います。
そもそも、シワの発生は予防できるものなのでしょうか。
シワには保湿が有効であるというのは、誰でも知っていますよね。

 

全てのシワが保湿で予防できるわけではありません。
保湿で予防できるシワと予防できないシワとがあるのです。

 

肌に水分を与えることで予防できるシワは、「表皮による小じわ」だけと言われています。
表皮の小じわが失われた水分を化粧水や乳液などで、保湿等をしてあげることにより予防することができるのです。

 

シワの中でも、真皮シワと呼ばれる深いシワは、残念ながら保湿だけでは予防することができません。
いくら保湿してもシワが消えないと思っている方も多いかもしれませんが、その理由は真皮シワにあるのです。

 

真皮シワは、コラーゲンが失われることによって起きるとされています。
したがって、真皮シワを予防するには、コラーゲンの生成を促すような成分を肌に補うことが大切です。
ビタミンC誘導体やアミノ酸、ペプチドなどが配合された化粧品を選んだり、細胞を活性化するマッサージをしたりするとよいでしょう。

 

保湿のみで予防できるシワと予防できないシワをよく考えてエイジングケアをなさっていくと良いお肌ケアになると思います。