生活を改善すると、たるみが予防できるってホント?

生活を改善すると、たるみが予防できるってホント?

年齢を重ねるとともに現れてくるのが顔のたるみ。
ある程度は避けられないと思って諦めてはいませんか?

 

顔のたるみは、何もしないで放っておくと、ますますひどくなっていくでしょう。

 

あまりに、たるみがひどくなると別人のような印象になり、年齢以上に老けた雰囲気になってしまうので日頃からのケアが欠かせません。
顔のたるみのケアというと、まず思いつくのが化粧品。
高額な化粧品の中にも、たるみケアに効果があることを前面に出しているものもありますよね。

 

もちろん、化粧品によるコラーゲン補給なども大切な役目ですね。
実は、顔のたるみは、女性ホルモンが深く関係していることはあまり知られていません。
エストロゲンという女性ホルモンの名前を聞いたことがある方も多いでしょう。

 

女性の肌に影響があるのは、女性ホルモンの中でもエストロゲンと呼ばれるもの。
エストロゲンは一般に35歳ぐらいになると、徐々に体内から減少し始めます。

 

加齢によってエストロゲンが減ってしまうのは仕方がないとしても、減るスピードは日頃の心がけしだいでスローダウンすることが可能なのです。
ホルモンの分泌量が減っていってしまう原因とされているのがストレスや単調で変化がない生活習慣などがあります。
女性特有の冷えなども分泌量には関係があるのです。

 

ひどいストレスを受けたおかげでエストロゲンの量が減り
生理が止まってしまうことだってあるのです。

 

化粧品によるエイジングケアは絶対に必要。
そのうえで、ホルモンバランスを身体の中から調えるように気をつけたいものですね。