手術(切開法)

手術(切開法)

切開法は、垂れ下がったまぶたを切り取り、二重を作る手術です。加齢や過度なダイエットなどで、まぶたがかなりたるんでしまった人には絶対的に効果的な手術だといえます。

 

 

 

たるんだまぶたはかなり重い印象になります。視界を広げようと額に力をいれてシワを作ってしまったり、肩がこってしまう方も多いようです。切開法では皮膚を切開して、たるみの原因となっている脂肪や皮膚を取り除きます。

 

 

 

皮膚のどの部分を切開するのかなどは皮膚の状況によって変わってきますが、医師との綿密な打ち合わせの打て施術することができるので、納得のいく二重まぶたに仕上げることが可能です。

 

 

 

逆にまぶたにシワが入る、まぶたが垂れ下がる視界が狭くなるなどの症状のある人でなければ、この手術は不要。若い女性より高齢の方におすすめの方法ですね。かかる時間は1時間程度。

 

 

 

値段は30万円前後と埋没法よりは少しお高め。人によって腫れが数日から数週間残る場合もあります。