ホルモンと肌の老化

ホルモンと肌の老化

女性がかならず迎える変化、それは閉経です。最近の栄養事情もあってか、平均的に初潮の年齢が下がっていることはよく言われているのですが、閉経については年齢が上がっていることはあまり聞きません。

 

 

 

どんなに生活が楽にそして快適になったとしても、やはり自然の摂理というものはかえられないことが多いものです。閉経によって女性ホルモンの分泌が少なくなったり、閉経を控えてホルモンバランスが崩れたりしてくると、自然に体の表面にも様々な変化がでてくるものです。

 

 

 

肌の新陳代謝が衰えて、ツヤやハリがなくなる、シワが増える、またトラブル肌や肌トラブルの跡が治りにくくなったりします。

 

 

 

しかし、最近ではこうした加齢によるトラブルも大分化学的に治療できるようになり、表面的な老化はかなり食い止められてきていることがわかります。もちろん美容のことだけではなく、健康問題にも大きく影響することなので、ときには本当に薬を使っての治療が必要な場合もあります。

 

 

 

女性ホルモンを調節する為の薬、そして女性ホルモンに似た働きをする食品や成分の摂取などが望まれることもあります。

 

 

 

老化することはだれにも起こりえることで止めようがありませんが、それでもできれば女性ホルモンの助けを借りて、長く美しくいたいものですし、そう願うのが当然でしょう。

 

老化が気になる世代になったら、いま一度、自分の手入れの方法を見直してみるのもいいかもしれません。体の中から、そして外から対策をしましょう。